智積院-紫陽花の撮影スポット

智積院の紫陽花を撮影しましょう。

智積院の紫陽花

『智積院』は、京都東山七条にあるお寺です。知る人ぞ知るあじさい園があり、色とりどりのパステルカラーでとってもきれい。カラフルな五色幕と、美しい建物と一緒に京都らしいあじさい紫陽花が撮れる撮影スポットです。

智積院へのアクセス、智積院の紫陽花とは? 智積院の紫陽花の見頃と混雑、紫陽花の写真撮影スポットを紹介します。

miyaco
智積院の紫陽花はかわいい色をしているよ

スポンサーリンク

智積院へのアクセス

智積院へのアクセスマップ(地図)

智積院は、三十三間堂や京都国立博物館の近くにあります。バスなら京都駅からのアクセス、電車なら京阪沿線からのアクセスが便利です。

智積院から北に進むと清水寺も近いです。

 

電車なら、

京阪「七条」から東へ徒歩約10分

 

バスなら

JR 京都駅から市バス206番、207番、208番にて約10分「東山七条」バス停下車徒歩約3分

 

紫陽花スポットめぐりをするなら、京阪沿線の紫陽花スポットが便利です。

同時期に撮影できる 京阪沿線の紫陽花撮影スポット

藤森神社(紫陽花) ・ 三室戸寺(紫陽花) ・ 伏見濠川(紫陽花)

 

智積院の紫陽花とは?

智積院とは → こちらを参考に

智積院のあじさい園は、善峯寺や三室戸寺、藤森神社、三千院など京都でも有名な紫陽花スポットに比べると、数は少ないものの、真如堂の紫陽花と同じぐらいかそれ以上にあり、小さな紫陽花のお花畑になっています。

近年植えられたとのことなので、今後ももっと増えるかもしれない期待値のあがる紫陽花スポットです。

全体の風景は動画の方がわかりやすいです。ちびっこが「あじさいめいろ~」と楽しそうに駆け回る様子をぜひみてください♪

 

智積院・紫陽花の見頃・撮影におすすめの時期と混雑

智積院紫陽花見頃時の混雑

智積院の、紫陽花の見頃6月上旬~7月上旬です。

智積院にあじさい園があることを知っている人は、ちょっとずつ増えつつありますが、まだまだ紫陽花の穴場的スポット。紫陽花の時期はご近所さんに人気なのか、幼稚園児、保育園児のお散歩コースになっているようです。

子どもたちがやってくると一瞬わ~と人が増えますが、少し遊んだら帰っちゃうので、写真を撮るのに混雑はなく空いていて、ゆっくり撮影できますよ。

紫陽花は、眩しすぎると光るため、晴天ではなく、前日に雨が降ったやや曇りの日ぐらいがおすすめです。

 

智積院の紫陽花の 見頃・開花状況はこちらで確認

紫陽花が咲いたかどうかは公式フェイスブックやインスタグラムで教えてくれます。

智積院公式Facebook ・ 智積院公式Instagram

 

 

智積院の紫陽花の撮影スポット

智積院境内 紫陽花撮影ポイントマップ

智積院の紫陽花は、本堂の裏(東側)のあじさい園と北側にまとまって咲いています。特に案内はありませんが、金堂と明王殿の間の道を東に進むとあじさい園へたどり着きます。

智積院の紫陽花撮影スポット1:五色幕と紫陽花

智積院 五色幕と紫陽花画像

智積院といえば、白、赤、黄、緑、紫のカラフルな五色幕。智積院では、金堂他講堂や大師堂にかかっています。上の写真は、金堂の北側にある紫陽花ごしに撮影したもの。

智積院 五色幕とあじさい

そこから振り向くと階段の上に大師堂の五色幕が見えます。一番智積院の紫陽花らしい写真かも。

智積院 水にリフレクションする五色幕

階段を登って、大師堂の前で撮影。お堂の前にお花を生ける大きな花瓶のようなものがあり、そこにリフレクションする五色幕もきれいでした。紫陽花とは関係ありませんが。。

智積院の紫陽花撮影スポット2:朱色の金堂とパステルカラーの紫陽花

 

智積院 金堂とパステルカラーの紫陽花

智積院の紫陽花といえば、かわいすぎるパステルカラー。紫陽花って土壌のアルカリのphによって色が決まるといわれていますが、パステルカラーで色とりどりの紫陽花は、他ではあまり見かけません。

しかも、金堂も平安神宮や伏見稲荷大社のように鮮やかな朱色ではなく、落ち着いた朱色の建物。

この淡い朱色とパステルカラーの紫陽花がほんわりしていてゆるふわな紫陽花の写真が撮れます。

智積院 金堂と紫陽花 画像

建物で日陰になり、他の場所に咲いている紫陽花より元気でした。

智積院のパステルカラーの紫陽花

後ろボケていますが、他の紫陽花と朱色の建物です。やはりココおすすめです。

智積院の紫陽花撮影スポット3:紫陽花のお花畑

智積院の紫陽花 お花畑 画像

金堂裏は、墓地との間と墓地へと続く階段に紫陽花が広がっています。わりと背の高い紫陽花がたくさん広がっていて、まるでお花畑です。

自分も埋もれて写真が撮れます。

 

智積院の紫陽花のおすすめ度は?

智積院に紫陽花が植えられたのは、最近で、京都では、知る人ぞ知る紫陽花の穴場的スポット。

京都の紫陽花撮影スポットは、アクセスの悪いところばかりにありますが、智積院は、京都駅からバスが何本も出ていてアクセスのよい場所にあります。

しかも、紫陽花を撮影するだけなら無料。パステルカラーで紫陽花は、京都で一番かわいいのが特徴です。

智積院 詳細

住所 京都市東山区東大路七条下ル東瓦町964(地図
電話 075-541-5361
最寄り駅
  • 市バス 206番、207番、208番「東山七条」下車 徒歩3分
  • 京阪「七条」駅下車 徒歩10分

詳細は、本文にて

拝観時間 9:00~16:00 収蔵庫及び名勝庭園 ただし
境内散策(紫陽花のある場所)はいつでも
休み 収蔵庫及び名勝庭園の拝観 12月29日,30日,31日は休み
料金 境内散策は無料 収蔵庫及び名勝庭園の拝観:大人500円 中・高校生300円
駐車場 無料駐車場 30台
公式HP 智積院公式サイト
京都の紫陽花撮影スポット
紫陽花の撮影スポット

京都でかわいいしっとり紫陽花が撮れる撮影スポット (梅宮大社・三室戸寺・法金剛院・藤森神社・三千院・善峯寺・楊谷寺・真如堂・伏見濠川・祇園白川・丹州観音寺・智積院・岩船寺・京都御苑の紫陽花) を紹介し ...

続きを見る

スポンサードリンク









投稿日:

Copyright© かわいい京都 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.