京都府立植物園・紫陽花の撮影スポット

京都府立植物園の紫陽花を撮影しましょう。

京都・紫陽花の撮影スポット 京都府立植物園

『京都府立植物園』は紫陽花の種類が京都一多くて、かわいくてカラフルな紫陽花が撮れる撮影スポットです。

植物園の紫陽花とは? 紫陽花の見頃と混雑、植物園での紫陽花の撮影スポットを紹介します。

 

スポンサーリンク

京都府立植物園へのアクセス

植物園へのアクセスはこちらを参照→植物園のきのこ文庫

 

 

京都府立植物園の紫陽花とは?

京都府立植物園 あじさいマップ

京都府立植物園の中には、正門、北山門どちらからも同じぐらいの距離のところにあじさい園があります。

あじさい園には、山あじさいや額あじさい、西洋あじさいなど180種、2500株のあじさいが咲いています。種類の多さでは京都1位。一つ一つの紫陽花に、名前がつけられていて、まるで紫陽花図鑑のよう

真ん中に蓮池があり、それを囲むように紫陽花が咲いています。6月下旬ごろだとハスとアジサイが同時に撮れる時期があります。

植物園のあじさい園は、善峯寺三室戸寺藤森神社 などの広大な紫陽花畑と梅宮大社のような紫陽花の小道が続く風景を足して2で割ったようなところです。

 

京都府立植物園の紫陽花の見頃と混雑

京都府立植物園紫陽花見頃は、京都の中でも早い方。例年6月上旬から7月上旬。種類が豊富のため、早咲きから遅咲きまで長く楽しむことができます。

最初に山紫陽花が見頃になり、続いて紫陽花が見頃になります。

 

京都府立植物園は、市営地下鉄、北山駅すぐで、アクセス抜群。入園料も大人200円と安く、紫陽花の季節は、バラやハスなど他のお花もたくさん見られるので土日はカメラを持った人たちで混雑します。

写真が撮れなくなるほどではありませんが、人を入れたくなければ、平日に行くことをおすすめします。

 

このページの写真撮影日は2018年6月9日です。

 

植物園の紫陽花開花状況

・ 京都観光Navi(花だより) ・ 京阪沿線花めぐり

 

京都府立植物園の紫陽花の撮影スポット

京都府立植物園の紫陽花撮影スポット

植物園の紫陽花で一番華やかなのが、ハス池の周辺。ピンク、薄紫、水色、白・・カラフルで華やかな紫陽花がずらりと並んでいます。後ろに見えるのは、実はトイレですが、紫陽花園の雰囲気に合わせて和風になっているので、なんとなく、神社の境内にも見えます。

 

京都府立植物園の紫陽花撮影スポット

蓮池沿いに紫陽花がアナベルが並んでいるところがありました。

京都府立植物園の紫陽花撮影スポット

こちらには、山紫陽花がずらり。

京都府立植物園の紫陽花撮影スポット

種類豊富な植物園のあじさいは、隣に同じ花がきていることがほとんどありません。こちらは、ダンスパーティ。雨上がりの日にいくと、しずくがキラキラ光ってる!

クロヒメヤマ紫陽花

クロヒメヤマ紫陽花。

あじさい園には、アジサイだけが植えられているのではなく、高い木が植えられ、その足もとにアジサイの散歩道が作られています。そのため、木漏れ日がさすとキラキラ。玉ボケもきれいに写せます。

京都府立植物園の紫陽花撮影スポット

高い木々に囲まれて暗くなっているところには、山アジサイのようにちょっと日陰を好むアジサイにはぴったり。

京都府立植物園の紫陽花撮影スポット

大甘茶という種類の紫陽花。「葉に甘みをもち、4月8日各地の寺院でお釈迦さまにかけるお茶の原料となります。

京都府立植物園の紫陽花撮影スポット

大甘茶と形が似ているクレナイ山あじさい

長野県の山の中で発見された名花で、花の色が白、赤、ピンクと変化します。ほんのりピンク色がかわいい。

 

京都府立植物園の紫陽花撮影スポット

東雲という名のアジサイ。星みたい。

京都府立植物園の紫陽花撮影スポット

西洋アジサイもたくさんありますが、山あじさいの豊富さにうっとり。どこを切り取っても絵になるアジサイ園でした。

 

京都府立植物園の紫陽花のおすすめ度は?

京都の紫陽花撮影スポットは、神社やお寺の境内で、駅からも離れたところにあることが多いですが、植物園は、市営地下鉄北山駅直結、アクセス抜群のところにあります。

紫陽花の種類は京都で1番多く、他ではみられない可愛らしい紫陽花が多く見られます。アクセス便利なところで、あまり歩き回ることなく、色々なあじさいの写真を撮りたい人にはおすすめです。

 

京都府立植物園で撮影できるのその他の花とアイテム

  • (2月中旬~3月中旬)
  • バラ(5月上旬~6月上旬)
  • 花菖蒲(6月上旬)
  • ハス(6月下旬~8月中旬)
  • きのこ文庫(いつでも)

京都府立植物園 近くの撮影スポット

WIFE&HUSBAND

 

京都府立植物園 詳細

住所 京都市左京区下鴨半木町(地図
電話 075-701-0141
最寄り駅 京都市営地下鉄 「北山」下車、3番出口すぐ
詳細は本文にて
時間 9:00~17:00(入園16:00まで)
休み 12月28日から1月4日
料金 大人200円 高校生150円 中学生以下無料 年間パスポート1,000円
温室観覧券:一般200円 高校生150円 中学生以下無料
駐車場 乗用車1回につき1時間以内300円(最大料金1,200円)
北大路橋(北大路通)東詰の信号交差点を、北へ正門ロータリー東側
公式HP 京都府立植物園
京都の紫陽花撮影スポット
紫陽花の撮影スポット

京都でかわいいしっとり紫陽花が撮れる撮影スポット (梅宮大社・三室戸寺・法金剛院・藤森神社・三千院・善峯寺・岩船寺・真如堂・伏見濠川・祇園白川・京都御苑・楊谷寺・観音寺・植物園の紫陽花) を紹介します ...

続きを見る

スポンサードリンク









更新日:

Copyright© かわいい京都 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.