北野天満宮の天神市

かわいい京都のマルシェ北野天満宮の『天神市』を撮影しましょう。

天神市

京都でカラフルでかわいい雰囲気の景色が撮りたいと思ったら、天神さんの縁日がおすすめです。

天神市は、カラフルな着物やアンティーク小物や食べ物などが広がる、SNS映えする写真スポット。天神市には、外国人の観光客の人もたくさんいて、まるで海外の蚤の市、マルシェのよう。

天神市の開催日、アクセス、混雑、天神市でどんな写真が撮れるのかを紹介します。

 

スポンサーリンク

天神市はいつ開催されるのか?

天神市はいつ開催されるのか?

北野天満宮で行われる天神市は、毎月25日に開催。

毎月25日に行われるのは、菅原道真公が九州太宰府で亡くなった命日、2月25日と誕生日の6月25日に由来しています。

場所は、北野天満宮の参道と駐車場、天満宮の東側に沿った御前通。時間は、朝6:00頃~16:00頃まで。入場は無料。

 

北野天満宮へのアクセス

北野天満宮へのアクセスはこちらを参照ください → 北野天満宮

北野天満宮近くの撮影スポット

knot cafe ・ 平野神社(彼岸花) ・ 嵐電(北野白梅町駅) ・ 仁和寺(桜) ・ 達磨寺

北野天満宮その他の撮影ポイント

 ・ 青もみじ ・ 紅葉

 

天神市の混雑とおすすめの時間・時期

北野天満宮の天神市には、大勢のお客さんがやってきます。平日でも混雑、土日はなおさら混雑します。

京都のマルシェ 撮影スポット 天神市

 

朝6時頃から開始ですが、徐々にお店準備が始まり、人は少なめ。お客さんは、参拝時間の9時頃からだんだん人が増え、お昼頃にはかなり賑わいます。上の写真は平日午前11時頃の参道の様子。かなり混雑しているのがわかります。

お店の人も売れ残ると持ち帰らなければならないので、夕方になると、値下げ交渉もしやすく、お買い物はしやすくなります。

天神市の日は、境内のライトアップも同時開催。夜21時まで国宝の本殿をはじめとする社殿が美しく浮かび上がり、昼とは違った幻想的な雰囲気を撮影することができるので、夕方に行き、ライトアップまでいてもいいですね。

ほどよく写真が撮れたり、買い物できるのは、午前中。

北野天満宮は青もみじと紅葉の名所でもあるので、その時期に合わせていくと、もみじ苑での撮影も同時に楽しめます。

1月は初天神、12月は終い天神といって特に人が多く、盛り上がります。

 

フォトジェニックな天神市

北野天満宮の天神市で売っているものは、たこ焼きや綿菓子などのいわゆる縁日にある食べ物の露天と、骨董品、漆器や陶器、着物、手芸品などなど。

手づくり市では、かわいらしいものがたくさん売っていますが、天神市は和風で渋めものが多いのが特徴です。

フォトジェニックな天神市

こけしやぞうり、おちょこなどが並んでいます。

フォトジェニックな天神市

豆皿やお茶碗など骨董品がたくさん。安いのかな?と思いますが、結構なお値段がします。

 

フォトジェニックな天神市

外国人向けの着物やアンティーク着物はカラフルで目をひきます。

 

フォトジェニックな天神市

色とりどりのショールは見ているだけでも楽しい。

 

フォトジェニックな天神市

昔なつかしおもちゃコーナーは、フォトジェニックですね。なんだかノスタルジックな気分になります。

 

フォトジェニックな天神市

手づくり市ではないのですが、手づくり品を出店している人もいます。がま口や手作りのバッグなど、こちらもどちらかというと和の要素が強い気がします。

お客さんも手づくり市に比べて若干年齢層高め。

天神市

カラフルな羊毛フェルトでつくられた髪の毛をくくるゴムやブローチ。

フォトジェニックな天神市

こちらのお店は、天神市と並んで有名な東寺の弘法市にも出店されているそう。キーケースは、かわいすぎ。

フォトジェニックな天神市

色んな柄がありました。どれもこれもほわほわでかわいい。

 

フォトジェニックな天神市

外で飲む珈琲も格別。露店のコーヒー屋さんはディズプレイもおしゃれ。

 

フォトジェニックな天神市

絶対に普通のお店ではおもわないんだけど、乾物屋さんですらフォトジェニックぽさを感じてしまいます。紅白がめでたい桜えび。

 

フォトジェニックな天神市

キラキラのサンキャッチャー。

 

コレに加えて、いわゆるお祭りの縁日の屋台があります。手作りあり、アンティークあり、たこ焼きあり、なんでもありなごちゃっとした縁日。写真に撮るとなかなか楽しいですよ。

最後におまけ、北野天満宮の境内の中の干支おみくじ。

フォトジェニックな北野天満宮

なんともかわいい、さるやひつじがつぶらな瞳でこっちを見ています。かわいい天神市にぜひ行ってみてくださいね。

 

天神市 詳細

住所 北野天満宮 境内+御前通(京都府京都市上京区馬喰町)(地図
問い合わせ -
最寄り駅
開催日 毎月25日
開催時間 6:00頃~16:00頃
料金 入場は無料
駐車場 縁日の日は駐車場が会場に使われるため、公共交通機関で行きましょう
公式HP -
スポンサードリンク









更新日:

Copyright© かわいい京都 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.