法金剛院・紫陽花の撮影スポット

法金剛院の紫陽花を撮影しましょう。

京都紫陽花の撮影スポット紫陽花

法金剛院』はお寺の建物を背景に京都らしい紫陽花の写真が撮れる撮影スポットです。

法金剛院へのアクセス、法金剛院とは? 法金剛院の紫陽花の見頃と混雑、法金剛院の紫陽花の撮影スポットを紹介します。

 

スポンサーリンク

法金剛院へのアクセス

法金剛院アクセスマップ

法金剛院は、JR嵯峨野線、花園駅下車。徒歩2~3分のところにあります。駅を背にななめ左方向にすすむとすぐです。京都駅から花園駅までは、JRで約10分なので、非常にアクセスが良いお寺です。

紫陽花時期に合わせていくなら

梅宮大社(紫陽花)

紫陽花の時期に合わせていくなら梅宮大社が便利です。

法金剛院の前にあるバス停、花園扇野町から京都バス63番で松尾大社前下車、徒歩5分です。

 

また、妙心寺へも徒歩でいけます。妙心寺も同時期、紫陽花とハスがきれいです。

 

法金剛院とは、どんなところ?

法金剛院とはどんなところ?

法金剛院は、京都の西、JR花園駅の近くにあるお寺。律宗・唐招提寺に属しています。平安時代の初め、830年に右大臣清原夏野が山荘を立て、その死後、寺として双丘寺(ならびがおかでら)と称しました。

法金剛院のあるこのあたりは、今も双丘(ならびがおか)という地名で知られています。平安時代の末、1130年鳥羽天皇の中宮待賢門院がこの寺を法金剛院としました。

寺は中央に池、池の西に西御堂、南に南御堂、東に女院の神殿があり、庭には瀧(青女の瀧)があり、待賢門院が極楽浄土として造園させた『池泉廻遊式浄土庭園』があります。夏になると、池には、蓮が、池の周りには、紫陽花が咲きほこります。

法金剛院は花の寺として知られており、桜、菊、紅葉の四季折々の姿が美しく、西行はじめ多くの歌人が歌を残しています。お花の撮影目的で多くの人が訪れるお寺です。

 

全体的な雰囲気は動画がわかりやすいです。

→ 法金剛院の紫陽花動画

 

法金剛院の紫陽花の見頃と混雑

法金剛院の紫陽花の見頃と混雑

法金剛院、紫陽花の見頃6月中旬~7月上旬です。6月中旬に行けば、花菖蒲が、7月の初めに行けば、が咲いています。

紫陽花より蓮で有名なお寺です。蓮と紫陽花を一緒に撮れるのは、うれしいですが、蓮が満開のときには、紫陽花はやや遅いかなという印象です。満開の紫陽花を撮影したければ、6月中がおすすめです。

6月中は、とっても空いていて、平日朝一番なら貸し切り。じっくり撮影できます。

紫陽花には雨がよく似合います。前日が雨で、翌日の雨上がりの早朝がおすすめ

 

このページの紫陽花は2018年6月12日に撮影しました。

法金剛院の紫陽花開花状況

京都観光Navi(花だより)

 

法金剛院の紫陽花の撮影スポット

法金剛院の紫陽花 撮影スポット

法金剛院の紫陽花は、池泉回遊式浄土庭園の池のまわりの遊歩道のあちこちに咲いています。本堂の建物を背景に紫陽花を撮影すると、京都のお寺らしい紫陽花が撮れます。

上の写真で、青い鉢に入って並んでいるのは、蓮です。

法金剛院の紫陽花 撮影スポット

建物が渋くてかわいいピンクの紫陽花が映えますね。

 

法金剛院の紫陽花 撮影スポット

京都の紫陽花の撮影スポットとしては、三室戸寺藤森神社善峯寺などありますが、背景になる建物が一番いい雰囲気なのは、法金剛院です。

法金剛院の紫陽花 撮影スポット

京都の中の紫陽花の名所としては、そこまで有名ではありませんが、これだけたくさんの紫陽花があれば、十分。お寺の境内のいたるところに紫陽花が咲き乱れてカラフル。

 

ガクアジサイ、西洋紫陽花、山紫陽花・・・・種類もいろいろありますが、法金剛院にわりとたくさんあるのが、渦紫陽花(うずあじさい)。渦紫陽花は、おたふく紫陽花ともいわれ、ガクがくるんと内側にカールしたかわいい紫陽花。

法金剛院の紫陽花 撮影スポット

ガクの色もグラデーションがかかってほわほわしていますね。ゆるかわ紫陽花を撮影するには、法金剛院です。

 

法金剛院の紫陽花 撮影スポット

境内の一角に、赤いよだれかけをしたお地蔵さんもいます。苔や紫陽花のグリーンとのコントラストでなんかかわいい。その近くに紫陽花がぽつりとお供えしてあるように咲いています。

 

法金剛院の紫陽花 撮影スポット

蓮池の周りには、苔が生え、高い木の根元に小さな手鞠紫陽花が咲いています。紫陽花がぽつんと咲いているのがかわいらしい。

法金剛院の紫陽花 撮影スポット

たこ焼きぐらいの大きさのちっちゃい紫陽花。

 

法金剛院の紫陽花の撮影スポット

法金剛院の入り口にある、蔵の白壁との紫陽花もいい撮影スポットです。

 

法金剛院で撮れる その他の花

『花の寺』と言われる法金剛院、一年中、お花が咲いています。紫陽花以外には、枝垂れ桜花菖蒲なども有名です。それぞれ見頃はこちら

  • 4月上旬~中旬:しだれ桜(待賢門院桜)
  • 6月上旬~中旬:花菖蒲・菩提樹
  • 7月初め~8月上旬:
  • 11月中旬~下旬:紅葉
京都で蓮が撮れるスポット 法金剛院
法金剛院・蓮の撮影スポット

法金剛院の蓮を撮影しましょう。 京都でかわいい蓮を撮りたいと思ったら、花の寺『法金剛院』がおすすめです。お寺のお堂を背景に、極楽浄土のようなお寺の庭園に咲くしっとりと美しい蓮が撮れます。 法金剛院でど ...

続きを見る

法金剛院のおすすめ度は?

法金剛院の紫陽花のおすすめ度は

法金剛院は、花の寺。紫陽花のお寺としてはそんなに有名ではないですが、美しく作り込まれた日本庭園の中に、あるところにはお花畑のように、あるところにはぽつりと。どこを切り取っても絵になります。

JR京都駅から電車で10分、駅からもすぐとアクセスもよく、お寺の境内に植えられた蓮や花菖蒲、青もみじ他色々な植物とともに風景画のように紫陽花が撮影できる穴場的スポットです。

 

法金剛院 詳細

住所 京都市右京区扇野町49番地(地図
電話 075-461-9428
最寄り駅 JR嵯峨野線花園駅から徒歩3分
京都市営地下鉄烏丸線丸太町駅から市バス93系統で『花園扇野町』下車すぐ
営業時間 9:00~16:00(7月上旬~8月上旬蓮の時期 観蓮会だけ朝7:00~)
休み なし
料金 拝観料500円
駐車場 無料駐車場 20台
公式HP 公式HPはなし
京都の紫陽花撮影スポット
紫陽花の撮影スポット

京都でかわいいしっとり紫陽花が撮れる撮影スポット (梅宮大社・三室戸寺・法金剛院・藤森神社・三千院・善峯寺・楊谷寺・真如堂・伏見濠川・祇園白川・丹州観音寺・智積院・岩船寺・京都御苑の紫陽花) を紹介し ...

続きを見る

スポンサードリンク









更新日:

Copyright© かわいい京都 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.