平安神宮・睡蓮の撮影スポット

平安神宮の睡蓮撮影しましょう。

京都の睡蓮の撮影スポット・平安神宮

平安神宮』は京都で花菖蒲と同時に睡蓮が撮れる撮影スポットです。

平安神宮の睡蓮とは? 睡蓮の見頃と混雑、平安神宮での撮影スポットを紹介します。

 

スポンサーリンク

平安神宮へのアクセス

平安神宮へのアクセスはこちらを参照してください

 

平安神宮近くの撮影スポット

岡崎神社 ・ 南禅寺水路閣 ・ インクライン ・ 永観堂(青もみじ)

 

平安神宮の睡蓮とは?

平安神宮には、社殿をぐるりと囲むように、東神苑、西神苑、南神苑、中神苑の4つの庭園からなる池泉回遊式庭園があります。睡蓮は、平安神宮が創設された明治28年に造られた西神苑中神苑睡蓮が咲いています。

睡蓮は、やや離れたところに咲いているため望遠レンズがあった方がベスト。ただし、池の縁や飛び石からも近づいて撮影できるところもあるので、なくても大丈夫です。

 

平安神宮の睡蓮の見頃と混雑

平安神宮睡蓮見頃は、5月中旬~9月上旬と長く楽しむことができます。

その中でもおすすめなのが、カキツバタ(5月中)や花菖蒲(6月上旬)の季節。同じ池に咲いているので、睡蓮だけの写真よりもより鮮やかに撮影することができます。

平安神宮の神苑には、たくさんの種類の花が咲きますが、かきつばた、花菖蒲の時期以降、真夏になるととっても暑くなり、花の種類が少なくなります。

睡蓮は朝早く咲き、午後には閉じてしまうものもありますが、平安神宮の睡蓮は、午後でもずっと咲いているものもありました。品種によるものと思われます。ただ、太陽がのぼりすぎると、葉っぱが光って難しいです。撮影には、初夏の午前中がおすすめです。

5月中旬~9月上旬の間、基本、平安神宮の神苑は、すいています

気をつけたいのは、春と秋の無料開放日。無料開放日が6月上旬、秋は、9月19日です。9月19日は固定ですが、6月の無料開放日は、花菖蒲の見頃の時期と合わせて毎年設定されます。

混雑していて撮影できないというほどでもありませんが、遊歩道では、満員列車のように列になって進むことになりますので、ゆっくり撮影したい場合は、無料開放日は避けた方が無難です。

 

平安神宮の睡蓮の撮影スポット

平安神宮の睡蓮は、西神苑と中神苑に咲いています。

平安神宮の睡蓮の撮影スポット

順路通りにすすむとまず出てくるのが、西神苑。ここにある池が白虎池で、日本古来の花菖蒲200種2000株が咲き乱れ、その奥に睡蓮が咲いています。

 

 

続いて現れる中神苑には蒼龍池があります。

平安神宮での睡蓮の撮影スポット

蒼龍池には、池に浮かぶ珊瑚島に渡るのに、飛び石で構成される『臥龍橋』があります。

これは、龍が臥(ふ)す姿をしていることが名付けられたそうで、神苑を作庭した7代目小川治兵衛が手がけたものです。

使われているのは、秀吉が作った三条・五条大橋の橋脚。

『臥龍橋』からも人気の睡蓮の撮影スポットです。

平安神宮睡蓮の撮影スポット

池のほとりから見るとやや遠い睡蓮が手の届く距離で上から撮影できます。

あまり、カメラに夢中になりすぎると、池に落ちますので気をつけて~。

平安神宮の睡蓮の撮影スポット

近くに行くと、水鏡に睡蓮が映り込みなども撮影できます。

 

 

平安神宮の睡蓮の撮影スポット

中神苑の蒼龍池のほとりに咲いているのは、光格天皇が愛でたという『折鶴』を含むカキツバタの群生。

平安神宮での睡蓮の撮影スポット

西神苑には、花菖蒲、中神苑には、カキツバタが多く咲いていますが、この2つの見分け方は、

花菖蒲→水分のあるところに咲く

かきつばた→水気の多い湿原に咲く

という違いです。

とはいっても、平安神宮でカメラを抱えている人のほとんどが、どっちかどっちかわからないといって写真を撮っていました。

 

平安神宮 睡蓮の撮影スポット

蒼龍池ほとりには、茶店もあり、一休みできます。赤、ピンク、白の睡蓮が多い中、この茶店前には、黄色のかわいらしい睡蓮がたくさん咲いていますよ。

平安神宮での睡蓮の撮影スポット

絵画のような景色にうっとりです。

池の中には鯉やすっぽんといった生き物もたくさんいて、他にもいろいろ撮影スポットがあります。

 

 

平安神宮の睡蓮のおすすめ度は?

七代目小川治兵衛が造ったという平安神宮の見事な神苑の中に、見事な睡蓮が咲いています。花菖蒲やカキツバタの季節に行くといっそう、華やか。池の縁から、飛び石の上からいろんな表情の睡蓮が撮れる撮影スポット。

神苑の中はとっても広いので、ゆっくり撮影ができますよ。

 

平安神宮のその他の撮影スポット

平安神宮

 

平安神宮 詳細

住所 京都市左京区岡崎西天王町97(地図
電話 075-761-0221
最寄り駅 最寄り駅は、地下鉄東西線「東山駅」 下車、徒歩10分
アクセス詳細は、平安神宮ページにて(本文にリンクあり)
拝観時間 境内参拝時間  6:00~18:00
神苑拝観受付時間  8:30~17:30 ※季節により異なる
休み なし
料金 神苑拝観料金 大人600円 小人300円
駐車場 岡崎公園駐車場 (7:30~23:00)最初の1時間まで500円 以降30分/200円
公式HP 平安神宮
京都 蓮と睡蓮の撮影スポット
蓮・睡蓮の撮影スポット

京都で蓮や睡蓮がかわいく撮れる撮影スポット(三室戸寺・法金剛院・平安神宮・妙心寺退蔵院・長岡天満宮・植物園・梅宮大社・東寺・東福寺)を紹介します。 画像クリックすると目的のページに移動します 三室戸寺 ...

続きを見る

スポンサードリンク









投稿日:

Copyright© かわいい京都 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.