茂庵

森の中に建てられたレトロなカフェでおしゃれなカフェメニューを撮影しましょう。

京都のフォトジェニックカフェ・茂庵

京都でおしゃれなカフェでカフェスイーツが撮りたいと思ったら、『茂庵もあん) 』がおすすめです。

『茂庵』には、知る人ぞ知る隠れ家カフェ。京大近くの吉田山山頂にあります。もともと茶苑の食堂だった建物、家具、そこからの景色、おしゃれなカフェメニュー、すべてが日常とかけ離れた空間で旅行気分♪

京都のフォトジェニックカフェ『茂庵』。『茂庵』へのアクセス、混雑、おすすめ席、どんな写真が撮れるのかを紹介します。

 

スポンサーリンク

茂庵へのアクセス

茂庵へのアクセス

茂庵は、京大に隣接する吉田山の山頂(標高約105m)にあり、非常にわかりにくくアクセスしにくいところにあります。

最寄りバス停は、「浄土寺」下車、その後徒歩約10~15分です。

  • 京都駅から 市バス5番・17番にて 約30分「浄土寺」下車
  • 阪急河原町から 市バス5番・17番・203番にて 約20分「浄土寺」下車
  • 京阪出町柳駅から 市バス17番・203番にて「浄土寺」下車

京都駅からバスはすいていて30分。観光シーズンは結構時間がかかりますので、交通渋滞が予想されるシーズンなら出町柳駅からのアクセスがおすすめです。出町柳から各コースのふもとまで歩いても約15分です。

山の下から登るコースは4つあり 公式サイトに詳しい地図がありますので、参考にしてください。

  1. 北参道コース・・・今出川通りからの一番険しい山登りコース 公式サイトでおすすめしないとのこと
  2. 吉田神社コース・・京大正門前経由、吉田神社境内を越えるコース こちらもわりとわかりやすい
  3. 真如堂コース・・・真如堂からのコース
  4. 神楽岡コース・・・看板がありわかりやすい。雰囲気もいいおすすめのコース

雰囲気がいいのも、最寄りバス停から近くわかりやすいのも神楽岡コースになります。茂庵は茶道の心得を反映したカフェ。茶道では、お茶室へのアプローチでは、打ち水をしたり、お花があったり・・とおもてなしの心が宿っています。

そういった意味では、神楽岡コースおもてなしの心で到着までのわくわく感が高まるコースと言えます。神楽岡コースの入り口には、駐車場が3台あります。

神楽岡コースは、他のサイトでもよく紹介されていますので、こちらでは、あえて、あまりおすすめされていない北参道コースを紹介してみましょう。

フォトジェニックカフェ・茂庵へのアクセス

最初の入り口から、ずっとこんな山道で、まるで大文字山登山です。入り口にも途中にも『マムシ注意』の看板があり、鬱蒼とした森の中をもくもくと歩くのは、女性ならちょっと怖いですね。

下から約10分弱、ひたすら登山で到着です。息はあがって、足はパンパンになり、足が止まってしまうこともありますが、木漏れ日の中をもくもくと歩いて最後に茂庵が見えた時の感動は、北参道コースが一番。

かなりきついですが、カフェに行く前にこんな機会もないとがんばりました。

汗をかくので、真夏にはやめておいたほうがいいと思います。

北参道コースを選ぶ場合、京阪出町柳駅から 市バス17番・203番にて「京大農学部前」バス停下車が近いです。

 

いずれにしても最後は、舗装のされていない山道になります。運動靴で行ってくださいね。

 

茂庵とは、どんなところ?

茂庵とは? どんなところ?

大正時代に、茶道に親しみのあった谷川茂次郎が、吉田山の山頂茶苑として、茶室8席、月見台、楼閣等を築きました。現在は、食堂棟と茶席の一部のみが残っています。

『茂庵』は、当時の食堂棟。茂次郎が亡くなってから、2001年に当時の食堂をカフェ『茂庵』としてオープンすることになりました。『茂庵』は谷川茂次郎の雅号です。

建物は京都市の登録有形文化財になっています。

お茶室では、毎月1回、月釜が行われ、予約無しでお茶をいただくことができます。

 

茂庵の混雑

『茂庵』は山の山頂、アクセスが悪いにもかかわらず、人気のあるカフェです。土日やゴールデンウィーク、お盆、また、春・秋の観光シーズンは、開店前から行列ができています。

お店の前には、名前を書く紙が置いてあるので、着いたらすぐに名前と何時に来たのかを書きます。

参考までに、2018年のゴールデンウィークに行ってみたところ、11時半からのオープンで、最初に来ていた人は10時45分でした。席は35席で、1回目の案内で中に入れた人は11時15分頃に到着した人まで。

お昼時なので、みなさんランチの人が多く、1回目で最初に出ていった人は12時半。11時20分頃到着すると1時間以上待つことになってしまいます。

また、12時半には、待っている人は40~50人ほどいましたので、また2回目の案内でも入れないとすると、次の入れ替え時刻は13:30頃、ランチタイムは14:00までなので、ランチにありつけなくなる可能性があります。できれば、平日か休日なら早めに行ってください。

お店の行列を見て、「また次にしよう」と帰る人もいますが、『茂庵』は、山頂にあります。歩いてきた労力を考えるとそれは悲しすぎます。

公式サイトに、リアルタイムの空席情報のQRコードがあるので、そちらで確認してから山を登ってくださいね。

 

予約はできません

 

茂庵のおすすめ席

茂庵のおすすめ席

茂庵は、京都市内を展望できる窓際のカウンター席、もう一方の窓側のテーブル席、そして真ん中にソファ席があります。窓際のカウンター席がおすすめですが、混雑時には、席は選べません。

お店の人が、こっちかこっちどっちがいい?と聞いてくれたなら、窓際がいいですよ。

 

フォトジェニックなカフェ・茂庵

京都のフォトジェニックカフェ・茂庵

茂庵入り口には、お花が生けられています。これも茶道の心得ですね。季節ごとにお花が変わります。

京都のフォトジェニックカフェ・茂庵

オープンの時間になると暖簾が掛けられます。この暖簾もまたお花柄がかわいい。名前を呼ばれた順に、入り口で靴をぬいで2階へあがります。

 

京都のフォトジェニックカフェ・茂庵

天井、床、がぬくもりのある木でできていて、それにあわせたおしゃれな家具や照明。大正ガラスの窓の向こうは緑が広がっていて、時折、小鳥の鳴く声もきこえます。

 

京都のフォトジェニックカフェ・茂庵

 

京都のフォトジェニックカフェ・茂庵

窓側のテーブル席につきました。お水が入ったグラスも盃のようでおしゃれ。後ろのグリーンがテーブルとグラスに映り込みます。

 

京都のフォトジェニックカフェ・茂庵

季節のスープ、豆のマリネつきピタパンサンドは、4種類の中から2つ選べます。こちらはなすとズッキーニ+ベーコンとトマトとモッツァレラでした。なすとズッキーニの方には、バジル味のクリームで味付けしてあり、見た目だけではなく、味もおいしい。

 

京都のフォトジェニックカフェ・茂庵

シフォンケーキとアイスのセット。キャラメルアイスクリームの上にナッツとコーンフレークがかかっていて、食感も楽しめます。

京都のフォトジェニックカフェ・茂庵

自然光で後ろがグリーンだとこんなに爽やか♪まさにフォトジェニックカフェでした。この日、4月下旬だというのに外界は、28度もある夏日。茂庵にはとっても爽やかでした。都会の喧騒感を忘れさせる京都一の癒しスポットです。

 

茂庵のメニューと値段

茂庵のメニュー

その他のメニューは参考までに

  • ピタパンサンドランチセット・・・1400円
  • 月替りランチセット・・・1500円
  • いちごのロールケーキ・・・490円
  • 抹茶のベイクドケーキ・・・490円
  • ほうじ茶のシフォンケーキ・・・460円
  • コーヒー・・・550円
  • 柚子ジュース・・・650円

など。

お食事は、ピタパンかランチセットのみ。ケーキセットに+200円でアイスクリームをつけることもできます。

ケーキの種類は月によって変わります。

お値段はやや高め。来ているお客さんの年齢層も高めでおちついた雰囲気でした。

 

茂庵 詳細

住所 京都市左京区吉田神楽岡町8(地図
電話 075-761-2100
最寄りバス停 バス停「浄土寺」・「京大農学部前」から徒歩10~15分
営業時間 11:30~18:00 ランチタイム11:30~14:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)夏季休業8月17日~31日
その他臨時休業あり 公式HP参照
料金 ピタパンサンド 1400円
駐車場 3台
公式HP 茂庵
京都のカフェ写真スポット
カフェ

かわいいケーキやおしゃれなゼリーポンチ、見た目がカラフルなサンドウィッチなど・・ 京都でおしゃれでかわいいインスタ映えするフォトジェニックカフェ(メゾン・ド・フルージュ ・ 喫茶ソワレ ・ NOTTA ...

続きを見る

スポンサードリンク









投稿日:

Copyright© かわいい京都 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.