金の百合亭

京都で季節ごとに変わるフォトジェニックパフェを撮影しましょう。

京都のフォトジェニックカフェ 金の百合亭

八坂神社の前にあるカフェ『金の百合亭(きんのゆりてい) 』は、京都でかわいくてカラフルなカフェスイーツが撮れるフォトジェニックカフェです。春には桜、初夏には紫陽花、秋には月見と季節限定のパフェインスタ映え間違いなし。

フォトジェニックカフェ『金の百合亭』へのアクセス、混雑、おすすめ席、どんな写真が撮れるのか、メニューと値段を紹介します。

 

スポンサーリンク

金の百合亭へのアクセス

金の百合亭へのアクセス・地図

金の百合亭の最寄り駅は、京阪「祇園四条」駅。7番出口を出て、八坂神社方面に四条通りを東へ徒歩5分。八坂神社の前の交差点北西角にあります。

お店は京町家の2階にあって、1階から見えるのは階段のみなので、見逃さないように看板を探してくださいね。

金の百合亭近くの撮影スポット

祇園白川 ・  八坂庚申堂 ・ 二寧坂・産寧坂周辺 ・ 長楽館

 

金の百合亭とは、どんなところ?

金の百合亭は、京都、八坂神社の前にあるカフェです。

金の百合亭という名前は、ロッシーニのオペラ『ランスへの旅』にでてくる宿の名前。店主のこだわりで店内では、高級オーディオセットから流れる美しいクラシック音楽を楽しめます。

今回、このページでは、フォトジェニックパフェを紹介していますが、フードメニューは、生パスタ自家製カレーが中心です。

また、コーヒーは京都の老舗珈琲店『小川珈琲』のものを、オーダーをきいてから、豆を挽いて丁寧にドリップしているという味にもこだわりのあるお店です。

ソワレ や メゾン・ド・フルージュのようにかわいい写真が撮りたい!という目的の人もいますが、八坂神社を借景に、クラシック音楽をききながら、おいしいスイーツやコーヒーが楽しめる本格的なカフェです。

 

金の百合亭の混雑

こだわりのカフェであること、インスタ映えするパフェの写真が撮れるカフェということで、テレビや雑誌で取り上げられ、行列のできる人気店となっています。

席がテーブル席が12席、カウンターが7席、計19席しかないことと、席についてからの時間制限がないため、回転率も悪く、行列こそできてないものの混雑していることが多いです。

金の百合亭の混雑

行列になってない理由は、お店の入り口前にあるウェイティングシステム。入力すると、番号がかかれた紙がでてきます。スマホからあと何番か確認したり、メールや電話で呼び出してもらうこともできるので、待っている間に八坂神社へ行くことも可能です。

ちなみに6月の日曜日、11:10に行ってみたところ、開店は11時で、10時半ぐらいから並んでいた人たちで店内がいっぱいになり、番号は2番目にもかかわらず、1時間待ちになってしまいました。

別の日に、10時半に行くと1番でした。1番に入ったとしても抹茶パフェは中の店員さんが一人で作っているので、4つまとめて作るのに30分。開店と同時に入れたとしても番号が遅いと、食べるまでに1時間ぐらいかかってしまいます。

お店は、観光シーズン(桜や紅葉シーズン、ゴールデンウィーク、お盆など)でなければ電話予約することもできますが、店内に時間制限を設けてあるわけではないので、予約をしていても待ち時間が発生してしまうことも。「予約してもあんまり意味なかった~」と嘆いている人もいました。

オフシーズンの平日なら並ばずに入ることができる日もあります。

 

お店は、貸し切りの日や臨時休業の日が度々ありますので、フェイスブックページや公式HPで確認してから行きましょう。

 

金の百合亭のおすすめ席

カウンター席が、八坂神社を借景にできる窓際になっています。キラキラしたパフェを撮りたいならカウンター席がおすすめです。

 

フォトジェニックな金の百合亭の抹茶パフェ

金の百合亭の抹茶パフェは季節限定。きっちり日付が分かれているわけではないので、詳しくは金の百合亭フェイスブックで今、どんなパフェが食べられるか確認してから行ってみてくださいね。

おおよそこんな感じです

  • 『桜雲』・・・3月中旬~4月 ピンク色でかわいい
  • 『薫風』・・・4月中旬~5月 青もみじがキラキラ
  • 『紫陽花』・・・6月 寒天あじさいがキラキラ
  • 『月うさぎ』・・・7月~8月 お月見バージョン
  • 『彩秋』・・・10月中旬~12月 紅葉バージョン
  • 『クリスマス・スペシャル』・・・12月 サンタさんがかわいい
  • 『夕鶴』・・・12月初旬~1月 しっとり和風

桜雲カフェ

金の百合亭桜雲パフェ

満開の桜が遠くから雲のように見える、そんなふんわり美しい東山とみやびな祇園をイメージした桜雲パフェです。

金の百合亭 桜雲パフェの中身

中身は、抹茶ゼリー、粒あん、抹茶プリン、桜あん、バニラアイス、生クリーム、桜シフォン、桜あんのクリームをまとった抹茶アイス、2色の白玉団子、いちご、ごまと抹茶のチュイール、練りきりの桜、わたがし

紫陽花パフェ

金の百合亭 フォトジェニックな紫陽花パフェ

フォトジェニックな紫陽花パフェ!

下から抹茶ゼリー、小倉あん、抹茶プリン、バニラアイス、オレンジ、抹茶シフォン、抹茶アイス、3種の錦玉羹で包んだ杏あん、紫陽花の練りきり、白と抹茶の白玉団子、栗の甘露煮、葉っぱの形をした抹茶チュイール。

カウンター席からは八坂神社を背景にパフェの写真が撮れますよ~。

フォトジェニックな金の百合亭の紫陽花パフェ

練りきりの紫陽花の色が紫、水色、ピンク。真ん中の寒天紫陽花はキラキラでかわいいですね。

クリスマスパフェ

金の百合亭 クリスマスパフェ

こちらはクリスマス・スペシャルパフェ2018

いちごでできたサンタさんと、和菓子の練りきりでできたクリスマスツリー。ピンクとグリーンの白玉、栗の甘露煮と雪の結晶のクッキーとかわいいを詰め込んだ抹茶パフェです。

クッキーは四条大宮のicing cookies TOBIRAとのコラボで甘すぎず美味しかったです。

金の百合亭 クリスマス抹茶パフェ

生クリーム、氷餅、抹茶シフォンケーキ、洋梨のコンポート、バニラアイスクリーム抹茶アイスクリーム、抹茶プリン、抹茶ゼリーが層になっており、全体的な見た目もフォトジェニック。かわいく、飽きないおいしさです。

 

フォトジェニックな金の百合亭

カウンターには、おしゃれなフォトジェニックアイテムも♪ インスタなどを見ていると、季節によって違うようです。

夕方遅くなるとパフェが完売していることもあります。外が明るい方がかわいい写真が撮れますのでお早めに。

 

金の百合亭 メニューと値段

金の百合亭 メニューと値段

金の百合亭はメニューが豊富です。

他にもありますが、ピックアップするとこちら・・・

  • チキンカレー・・・1,080円
  • カルボナーラ・・・1,080円
  • 金の百合亭フレンチトースト・・・750円(インスタ映え!)
  • チーズケーキ・・650円
  • クリームフルーツあんみつ・・・800円 (インスタ映え!)
  • コーヒー・・・550円
  • レモネード・・・630円
  • 八坂ジンジャー・・・680円
  • アイスティ アールグレイ・・・680円
  • マリアージュフレール マルコポーロ・・・750円

などなど。

 

金の百合亭 詳細

住所 京都市東山区祇園町北側292-2 2階(地図
電話 075-531-5922
最寄り駅 京阪 祇園四条駅下車 7番出口から徒歩5分
営業時間 11:00~20:00
定休日 毎週木曜日、第1・第3水曜日 臨時休業あり・フェイスブックで要確認
料金 季節限定抹茶パフェ 1,000円前後
駐車場 なし
公式HP 金の百合亭
京都のカフェ写真スポット
カフェ

かわいいケーキやおしゃれなゼリーポンチ、見た目がカラフルなサンドウィッチなど・・ 京都でおしゃれでかわいいインスタ映えするフォトジェニックカフェ(メゾン・ド・フルージュ ・ 喫茶ソワレ ・ NOTTA ...

続きを見る

スポンサードリンク









更新日:

Copyright© かわいい京都 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.