メゾン・ド・フルージュ

かわいくて女子力が上がりそうなリボンをハサミでカットして食べる苺のミルフィーユを撮影しましょう。

京都のカフェ撮影スポット メゾンドフルージュ

京都でかわいくてカラフルなカフェスイーツが撮りたいと思ったら、『メゾン・ド・フルージュmaison de frouge) 』がおすすめです。

いちごのスイーツ専門店『メゾン・ド・フルージュ』には、可愛すぎるかわいいスイーツがいっぱい。中でも、苺のミルフィーユには、素敵なリボンがかかっていて、それを切るためのハサミも添えられてインスタ映え間違いなし。

『メゾン・ド・フルージュ』へのアクセス、混雑、おすすめ席、どんな写真が撮れるのかについて紹介します。

 

スポンサーリンク

メゾン・ド・フルージュへのアクセス

メゾンドフルージュへのアクセス

メゾン・ド・フルージュは、

京都市営地下鉄「烏丸御池」駅下車、5番出口をでて、三条通りを東へ。

一筋目の東洞院通りを南へ、すぐのところにあります。非常にアクセスがよく、わかりやすい場所にあります。

メゾン・ド・フルージュ近くの撮影スポット

六角堂 ・ 矢田地蔵尊(矢田寺)

 

メゾン・ド・フルージュとは、どんなところ?

メゾンドフルージュとは?

メゾン・ド・フルージュは、いちごスイーツ専門店。看板の店名の下にも ICHIGO NO OMISE(いちごのお店)と書かれています。

服飾デザインのお仕事をされていた代表の渡辺美左さんが、いちごのおいしさに感動して作ったお店。さすがデザイナーの考えたスイーツ、見た目がかわいくてキュート思わず写真に撮りたくなるものばかり。

 

農家に足を運び、渡辺さんが納得できるいちごのみを契約。

市場に出回っているいちごは、摘み取ってから、農家→市場→スーパーなど→消費者と食されるまでに時間がかかるため、7割ぐらい赤くなったところで、摘み取られています。メゾン・ド・フルージュで使っているいちごは必ず、畑で完熟になったものだけ契約農家から直送

ほぼ無農薬で有機肥料を使って育てられたいちごです。

いちごの種類は、さちのか、おおきみ、あすかルビー、紅ほっぺ、レッドパールなど季節によって、さまざまです。いちごの種類が同じでも作った農家が違うとまた違う味なのだとか。

その時届いたいちごをベースに、そのいちごが一番おいしく食べられるように、いちご本来の味をいかしたシンプルなお菓子を製造、販売しています。

特に人気のメニューは、SNS映えすると評判の“苺のミルフィーユ”

 

メゾン・ド・フルージュの混雑

メゾン・ド・フルージュへの混雑

インスタ映えするかわいいハサミでリボンをカットして食べるスイーツの写真が撮れるカフェということで、メゾン・ド・フルージュの苺のミルフィーユが大人気。テレビや雑誌で取り上げられ、行列のできる人気店となっています。

席が10席しかないことと、訪れるほとんどのお客さんが苺のミルフィーユを注文するので、早ければ12時台でもになくなってしまうこともあるので、11時オープン、なるべく早い時間に行くことをおすすめします。

休日は、11時でも外に行列ができている時もあります。

お店の中のトイレへ向かう通路やガラス越しに見える外に待ち列ができるので、ゆっくり落ち着いて食べれる雰囲気はありません。また店員さんも少なく、スローリーなので、待ち時間はさらに長め。

お店は、テイクアウト、イートインどちらもできますが、かわいいハサミと一緒に撮影するなら、イートインがおすすめです。

持ち帰りケーキの電話予約はできますが、イートインの席の予約はできません

 

メゾン・ド・フルージュのおすすめ席

メゾンドフルージュのおすすめ席

店内はケーキが入ったショーケースとイートインのカフェスペースでわりと小さいお店です。やや高級感もあります。お店に入ったら、前払い制で、先に注文してから、テーブルに就くスタイルです。ケーキやドリンクはお店の人が運んできてくれます。

メゾンドフルージュのおすすめ席

窓際にテーブルが3つ、その内側にテーブルが1つ。2人がけ席×3つと4人がけ席×1つで、最大10席しかありません。写真撮影には、窓際がおすすめですが、東洞院通り側が全面ガラス張りになっており、明るい日差しが入るので、どの席に座っても明るい写真が撮りやすいです。

 

メゾン・ド・フロージュでの写真の撮り方

メゾン・ド・フロージュで撮りたい写真はなんといっても人気のフォトジェニックな苺のミルフィーユ(お値段650円)。

フォトジェニックなメゾン・ド・フロージュ画像

ほとんどのお客さんが、女子でインスタにあげるのか、みなさん夢中になって写真を撮っています。運ばれてきたときには、リボンがかかっていますが、

フォトジェニックなメゾン・ド・フロージュ画像

リボンをはさみでチョキン! ・・というシーンはぜひ撮っておきたいところ。

フォトジェニックなメゾン・ド・フロージュ画像

テープカットの気分♪ハサミもかわいいですよね。

 

フォトジェニックなメゾン・ド・フロージュ画像

ミルフィーユは、カメラ女子の心をくすぐるビジュアル。

パイ生地とパイ生地の間にいちごがたっぷり。下の段には、カスタードクリームといちご、間にビターな板チョコがはさまって、上の段に、いちごクリームと木苺クリームとホイップ、一番上にもパイ生地。一番上にレッドペッパーがのっていて、ちょっぴり大人味。

ミルフィーユは、どこで食べても食べにくい。一度リボンを外し、フォークを入れると崩れてしまいますので、撮影は食べる前が必須(笑)。

 

フォトジェニックなメゾン・ド・フロージュ画像

苺のタルト。ラズベリー、グレープフルーツ、ブルーベリーがのっています。タルト生地は固めで、甘すぎずほどよいお味。

 

 

メゾン・ド・フルージュのメニューと値段

メゾン・ド・フルージュのメニューと値段

苺のミルフィーユの中には、ラズベリークリームがほどよく酸っぱく、さわやかです。イートインで食べるなら、ドリンクは必ずセットで注文しなければいけません。ケーキとセットで1500円ほどでお値段高め。

その他のメニューは参考までに

  • プレミアムショートケーキ・・・987円
  • 苺のエクレア
  • 苺のマカロン・・・346円
  • 苺のタルト・・・987円
  • 苺のロールケーキ・・・648円
  • 苺のチーズケーキ・・・616円
  • 苺のミルクプリン・・・432円
  • 苺とライチのムース・・・618円
  • 苺のアイスティ・・・700円
  • コーヒー・・・500円

など。

ミルフィーユ以外では、苺のマカロンを撮影している人が多くいました。

 

メゾン・ド・フルージュ 詳細

住所 京都市中京区三文字町201(地図
電話 075-211-4115
最寄り駅 市営地下鉄 烏丸御池駅下車 5番出口から徒歩5分(255m)
営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
料金 苺のミルフィーユ 650円
駐車場 なし
公式HP メゾン・ド・フルージュ
京都のカフェ写真スポット
カフェ

かわいいケーキやおしゃれなゼリーポンチ、見た目がカラフルなサンドウィッチなど・・ 京都でおしゃれでかわいいインスタ映えするフォトジェニックカフェ(メゾン・ド・フルージュ ・ 喫茶ソワレ ・ NOTTA ...

続きを見る

スポンサードリンク









更新日:

Copyright© かわいい京都 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.