梅宮大社・睡蓮の撮影スポット

梅宮大社の睡蓮撮影しましょう。

京都・睡蓮の撮影スポット 梅宮大社

梅宮大社』は京都で花菖蒲やサツキと同時に睡蓮が撮れる撮影スポットです。

梅宮大社の睡蓮とは? 睡蓮の見頃と混雑、梅宮大社での睡蓮の撮影スポットを紹介します。

 

スポンサーリンク

梅宮大社へのアクセス

梅宮大社へのアクセスはこちらのページを参照してください

 

 

梅宮大社の睡蓮とは?

梅宮大社には、本殿を囲むように、神苑があります。睡蓮は、咲耶池と勾玉池に睡蓮が咲いています。

やや小さな花の色は白のみ。池を埋め尽くすように睡蓮の葉っぱが浮かんでいます。睡蓮だけだと特に他の睡蓮の名所と変わらない風景ですが、初夏に行くと、その周りに咲いている花々が色とりどりで非常に華やか。

睡蓮は、望遠レンズがあった方がベスト。ただし、池の縁や池の橋からも近づいて撮影できるところもあるので、なくても大丈夫です。

 

梅宮大社の睡蓮の見頃と混雑

梅宮大社睡蓮見頃は、例年5月下旬~8月中旬と長く楽しむことができます。

その中でもおすすめなのが、カキツバタ(5月中)や花菖蒲(6月上旬)、サツキ(5月中旬~下旬)の季節。気候もいい上、池の縁に咲いているので、前ボケに使ったり、カラフルに撮影することができます。

梅宮大社の睡蓮は葉っぱが多すぎて、天気がいいとかなり反射します。ややくもりの午前中がおすすめです。

梅宮大社は、京都の中心地からやや離れているため、基本すいている、初夏の穴場スポットです。

 

梅宮大社の睡蓮の撮影スポット

神苑の入り口を入ってまず見えるのが、咲耶池。池を囲むようにサツキが咲いており、池の奥に睡蓮が群生しています。

梅宮大社での睡蓮の撮影スポット

上の写真は、池の奥から、神苑入り口に向けて撮影したもの。

平安神宮の睡蓮 などは、モネの睡蓮のように、池の上で何グループかに分かれているものですが、梅宮大社の睡蓮は、池の水面びっしりギュウギュウに詰まっていて、わさわさ賑やかです。

 

梅宮大社での睡蓮の撮影スポット

花の色は白のみ。葉っぱが詰まっているので、睡蓮の花が水面に映る様子などは撮りにくいですね。

 

梅宮大社での睡蓮の撮影スポット

例年5月中旬~下旬に見頃を迎えるサツキは、ピンクで鮮やか。白一色でちょっと地味な睡蓮の池をカラフルに彩ります。

 

梅宮大社の睡蓮の撮影スポット

梅宮大社での、おすすめの睡蓮の撮影スポットは、サツキを前ぼけに使ったこちら。入り口から咲耶池を見て、一番奥の石のベンチ前からです。

梅宮大社 睡蓮の撮影スポット

睡蓮の葉っぱで池が埋もれていると言いましたが、ここまでくるとちょっとだけ水面もみえて

梅宮大社の睡蓮の撮影スポット

サツキの映り込みと前ボケ、睡蓮のコラボがかわいい撮影スポット。サツキのピンク色ってかわいいですね~。

 

咲耶池を通り越し、神苑の中を奥へとすすむと、2つめの睡蓮撮影スポット勾玉池があります。

梅宮大社の睡蓮の撮影スポット

名前の通り、勾玉(まがたま)の形をしています。勾玉の中に睡蓮。それを囲むように花菖蒲。

梅宮大社・睡蓮の撮影スポット

ここの睡蓮もまたギュウギュウ詰め。勾玉池の周りの花菖蒲が満開です(2018年5月29日撮影)。紫の花菖蒲と白の睡蓮がさわやかな撮影スポットです。

 

梅宮大社の睡蓮のおすすめ度は?

梅宮大社は、梅の季節だけでなく、初夏に撮影するのが、カラフルでおすすめ。約3000坪の神苑の中に、見事な睡蓮。その周りに花菖蒲やカキツバタ、サツキ、6月になれば、紫陽花も咲いています。

他のお花ごしにいろんな表情の睡蓮が撮れる撮影スポット。

神苑の中はとっても広いので、ゆっくり撮影ができますよ。

 

梅宮大社で撮影できるのその他の花

梅宮大社の梅 ・ 梅宮大社の紫陽花

 

梅宮大社 詳細

住所 京都市右京区梅津フケノ川町30(地図
電話 075-861-2730
最寄り駅 京都市バス 阪急電車 嵐山線「松尾大社」下車、
(徒歩15分弱)。
詳細は本文にて
時間 9:00~17:00
休み なし
料金 大人550円 子ども350円
駐車場 約20台 無料 5/3、8/30は駐車不可
公式HP 梅宮大社
京都 蓮と睡蓮の撮影スポット
蓮・睡蓮の撮影スポット

京都で蓮や睡蓮がかわいく撮れる撮影スポット(三室戸寺・法金剛院・平安神宮・妙心寺退蔵院・長岡天満宮・植物園・梅宮大社・東寺・東福寺)を紹介します。 画像クリックすると目的のページに移動します 三室戸寺 ...

続きを見る

スポンサードリンク









更新日:

Copyright© かわいい京都 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.