三室戸寺・蓮の撮影スポット

三室戸寺を撮影しましょう。

京都蓮の撮影スポット三室戸寺

『三室戸寺』は約100種250鉢もの蓮極がお寺の境内に並ぶ蓮の撮影スポット。立派な本堂と蓮が同時に撮影でき、京都らしい蓮の写真が撮れます。

三室戸寺の蓮の撮影スポットへのアクセス、見頃と混雑、三室戸寺でどんな蓮の写真がとれるのかを紹介します。

 

スポンサーリンク

三室戸寺の蓮の撮影スポットへのアクセス

三室戸寺へのアクセスはこちらを参考に→三室戸寺の紫陽花

紫陽花の季節、駐車場は混雑しますが、蓮の季節は駐車場は空いています。車でのアクセスもおすすめ。

三室戸寺の蓮の撮影スポットへのアクセス

三室戸寺の蓮がある場所は、山門をくぐってそのまま真っすぐ。『みむろどう』とかかれた石碑の横にある60段の石段を上がったところです。

最寄り駅京阪三室戸駅からは約1キロ。三室戸寺の受付から山門を過ぎ、石段をあがる蓮スポットまでは徒歩5~10分ぐらいかかります。

紫陽花の季節はまだ涼しい日も多いですが、蓮が見頃の7月になると、とっても暑くて、蓮にたどり着くまでにへとへとになります。歩きやすい運動靴で、水筒持参、日焼け対策をして行って下さい。京都の夏は本当に暑いです。

 

三室戸寺・蓮の見頃と混雑

三室戸寺の蓮苑の開園は、6月下旬~8月上旬頃。見頃は、7月上旬~8月上旬です。

毎年、7月上旬(2018年は7月13日(金))にハス酒を楽しむ会が開催され、朝9時から正午まで、先着300名有料500円ハス酒をいただくことができます。

正午までですが、大変人気のため、例年11時頃には、定員に達し、終了しますのでお早めに。

ハス酒とは、ハスの葉にお酒を注ぎ、それを茎から飲むというもの。ハスの中を通ってきたお酒はほろ苦く、健康、長寿に効用があるといわれています。

ハス酒を楽しむ会の日は、テレビ取材もあり、混雑します。それ以外の日はそこまでの混雑はありません。蓮をゆっくり撮影したいという人は、その日は避けた方が無難です。

 

蓮は、夜明けから咲き始め、午後にはしぼんでしまいます。三室戸寺の拝観時間は朝8時半~朝8時半着で行くのがベストです。

三室戸寺の蓮の見頃と混雑

三室戸寺は、紫陽花のお寺として知られています。紫陽花の季節は朝から夕方までひっきりなしに観光客がやってきて、三室戸寺の朱色の山門で人を入れずに撮るのは難しいですが、紫陽花が終了すると、門もすんなり撮影できます↑。

6月には紫陽花が満開、蓮は6月下旬から咲き始めます。6月下旬に行くと、紫陽花と蓮が同時に撮影できます。7月になると蓮が満開、見頃に。

近年、7月になると猛暑日が増えて、日差しが強く、蓮が乾燥しがちになっています。しっとりとした蓮を撮影したいなら、6月末の梅雨時に、たくさんの花が咲く満開の蓮を撮影したければ、7月中旬ごろががおすすめです。

 

三室戸寺の蓮の撮影スポット

三室戸寺 蓮の撮影スポット

階段を上がると、たくさんの蓮ごしに立派な本堂が見えます。

三室戸寺 蓮の撮影スポット

この蓮、実は蓮池ではなくすべて鉢に入った蓮が250鉢も並べられています。これが蓮の撮影スポットとしてのおすすめポイント。

蓮池にある蓮は、遠くて近づけなかったりするものですが、鉢がならんでいるために、撮影するには自由自在。

三室戸寺の蓮の撮影スポット

最も人気な撮影スポットは、やはり本堂と蓮のコラボ。三室戸寺の蓮は珍種の蓮『大洒錦』、有名な大賀ハス、古代バス、青円寺ハス、陽山紅、ミセススローカムなど100種もあり、しゃくなげのような八重の蓮がきれいです。本堂前の蓮のお花畑は、極楽浄土さながらの風景で、美しい。

三室戸寺は『蓮の寺』とも言われています。

三室戸寺の蓮の撮影スポット

同じく八重の濃いピンクの蓮。葉っぱを日傘にしています。わりと手前に咲いていて撮りやすかったです。

三室戸寺の蓮の撮影スポット

三重塔と蓮のコラボもこのとおり。自分がちょっと移動すれば、いろんな建物を背景に蓮の写真が撮れます。人がこれってちょっとめずらしいのでは。日曜日の午前中で境内に人は50人ぐらいいますが、広いのと、みなさん日陰で休憩中で、人が写真に入りこむこともありませんでした。

三室戸寺の蓮の撮影スポット

この建物は阿弥陀堂。親鸞の父日野有範の墓だと伝えられています。 建物の前には、蓮の鉢があり、いろんな背景の蓮の写真が撮れます。

三室戸寺の蓮の撮影スポット

御朱印状を書いてもらう受付の窓に蓮のリフレクション。ちょっとノスタルジック。

三室戸寺蓮の撮影スポット

でもやっぱり、この重厚な本堂の建物との蓮の写真が一番です。

 

三室戸寺の蓮の撮影 おすすめ度は?

三室戸寺の蓮は、重厚な本堂の前に広がっています。

蓮池の蓮とは違い、すべて鉢で並んでいるため、上から見下ろしたり、下から見上げて青空と撮影したりと自由自在に撮影できます。また、本堂の建物が重厚で、仏教と深くかかわりのある蓮を撮るには、雰囲気バツグン。

極楽浄土のような景色が撮影できます。

 

三室戸寺 詳細

  • 三室戸寺へのアクセス
  • 三室戸寺とはどんなお寺か?
  • 三室戸寺で撮れるその他のお花

三室戸寺詳細についてはこちらを参照→三室戸寺の紫陽花

京都 蓮と睡蓮の撮影スポット
蓮・睡蓮の撮影スポット

京都で蓮や睡蓮がかわいく撮れる撮影スポット(三室戸寺・法金剛院・平安神宮・妙心寺退蔵院・長岡天満宮・植物園・梅宮大社・東寺・東福寺)を紹介します。 画像クリックすると目的のページに移動します 三室戸寺 ...

続きを見る

スポンサードリンク









投稿日:

Copyright© かわいい京都 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.