東福寺-紅葉の撮影スポット

京都を代表する紅葉、東山にある東福寺の紅葉を撮影しましょう。

京都 紅葉の撮影スポット 東福寺

京都圧倒的なもみじの錦を撮りたいと思ったら、『東福寺』がおすすめです。京都駅からもアクセスがよく、広大な敷地に自然がいっぱい。真っ赤な紅葉が広がる紅葉の撮影スポットです。

東福寺へのアクセス、紅葉の見頃、東福寺でどんな紅葉の写真がとれるのかを紹介します。

 

スポンサーリンク

紅葉時の東福寺へのアクセス

紅葉以外の時期には、車やバスでのアクセスも可能ですが、紅葉シーズンは、駐車場の閉鎖、渋滞、通行規制があり、車やバスは避けたほうが無難です。

紅葉時の東福寺アクセスマップ・地図

 

【電車】

JR「京都」駅(JR奈良線)→(2分)→JR「東福寺」駅下車、徒歩10分

京阪「祇園四条」駅 → (5分)→京阪「東福寺」駅下車、徒歩10分または「鳥羽街道」駅下車、徒歩8分

東福寺駅のJRと京阪はつながっていて、ほぼ同じところにあります。

駅からの徒歩ルートは上の地図の通りです。

鳥羽街道からのルート(紫の矢印)の場合、絶景撮影スポットである臥雲橋を通らないので、臥雲橋に寄り道して行ってくださいね。

 

 

東福寺の紅葉とは?

東福寺とは はこちらを参照ください → 東福寺の青もみじ・苔

東福寺は20万㎡の敷地がある大きなお寺です。東福寺の中には、現存最古最大の三門や、おしゃれな庭をもつ方丈など見どころがたくさんあります。その中でも紅葉は、洗玉澗に架かる通天橋を中心としています。

洗玉澗には、臥雲橋(がうんきょう)、通天橋(通天橋)、偃月橋(えんげつきょう)という3つの橋がかかっており、これを「東福寺三名橋」といいます。

臥雲橋、通天橋からの紅葉が有名ですが、一番上流にある偃月橋(えんげつきょう)は人も少なく、写真スポットとしては穴場です。

 

東福寺の紅葉の見頃と混雑

東福寺紅葉の見頃は、毎年11月中旬~11月下旬です。年によって若干差はあります。

東福寺の紅葉の見頃はこちらで確認することができます

京都紅葉情報【そうだ、京都、行こう】

 

東福寺紅葉時期の混雑

紅葉の見頃時期、特に土日祝日は、大変混雑します。

平日でも見頃の時期は、上の写真の通り。

通常は、順路もなく中は自由散策ですが、紅葉時期には、まずはお庭から入り、下から通天橋を見上げ、開山堂に進み、最後に通天橋を渡って出るという一方通行。

逆戻りはできないので、撮り逃がさないようにしましょう。

お庭で通路が細くなっている所や人気の撮影スポット、通天橋の上では人でいっぱい。ただし、中は広いので、ゆっくり撮影できる箇所もあります。

 

朝8時半から入れますが、土日は、朝7時頃から並んでいる人もいて、入場だけで何時間も待つということがあります。土日は避けるか、朝早い時間に行きましょう。平日は、拝観開始時間が始まってから行っても混雑はしていますが、比較的並ばずに入れます。

京阪やJR「東福寺」駅から来る場合、臥雲橋を通ってくるルートがおすすめです。臥雲橋からの景色がまず最初の撮影スポットとなりますが、『撮影禁止』と張り紙されています。

すいている時には、臥雲橋からも撮影できますが、混雑してくると、警備員さんが、「撮影禁止です~、今すぐ撮影やめてください」とさけんでいます。

団体さんがやってくるなど、人の波にはムラがあるので、撮影禁止になった場合は、しばらく渡るのを待つとまた解除されることがあります

 

見頃の平日に行ってみたところ、午前10時頃は直前まで撮影できたのに、撮影禁止をちょうど呼びかけているところでした。12時には、すいていたので、ゆっくり撮影できました。

すいているタイミングを見計らって撮影してください。

 

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット 臥雲橋からの眺め

紅葉の上に浮いたように見える通天橋。臥雲橋から通天橋をのぞむこの景色は、東福寺の第一撮影スポット。橋から橋までの間の渓谷=洗玉澗(せんぎょくかん)の紅葉は、絶景!

黄金色に染まる珍しい三ツ葉楓は、聖一国師が宋から伝えた唐楓と言われています。この景色が見えると、観光客のみなさんからお~とどよめき歓声があがります。

京都を代表する紅葉の名所はさすがです。

 

東福寺の紅葉のメインスポットへは、拝観料が必要です。通天橋たもとにある拝観受付で拝観料を支払って入ります。

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

もみじの木が何本も立ち並ぶ庭園に入ります。

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

2018年は、どこも紅葉がチリチリになって遠目に見るにはいいけど、近寄るときれいではないという声も多い中、拝観受付すぐのもみじは、一枚一枚がきれいでした。

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

殿鐘楼を背景にグラデーションがきれいな紅葉。

東福寺は、建物も立派で紅葉の背景にすると絵になりますね。

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

陽が差すと玉ボケができ、かわいいもみじの影。

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

中は大混雑していますが、東福寺は広いので、人を全く入れずに撮影できるところもあります。

 

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

庭園から、通天橋を見上げたところ。通天橋を見上げられる場所は何箇所かあり、それぞれ人気の撮影スポットになっています。

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

逆に、通天橋から最初に通ってきた臥雲橋を見下ろした景色。こちらも人気の撮影スポットです。

通天橋から眺める渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん)の紅葉は、壮大で絶景。

まるで絵に描いたようなもみじの錦。

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

上から見下ろしていた渓谷は、下を歩くこともできます。渓谷には三ノ橋川が流れ、下に積もったもみじの赤い絨毯にうっとり。「北野天満宮の土居にも似ているね」と言っている人がいました。

たしかにそうですね。自然がいっぱいで、癒やされます。

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

こちらが通天橋。青もみじの季節なら、誰もいない通天橋の上を撮影できますが、紅葉のシーズンは無理ですね。青もみじの季節に下見をしておいて、紅葉時期に撮影するとどこから写真を撮ったらいいのか、よくわかります。

東福寺は紅葉もきれいですが、苔や木々の美しさも見事。

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

通天橋から庭園を眺めた風景。陽が差しているところは輝いてみえます。

 

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

通天橋は両側に紅葉ならび、真っ赤な世界に包まれます。

フォトジェニックな東福寺の紅葉撮影スポット

通天橋出口(入り口)にて。

2018年は色づきが悪く、青もみじが混ざったグラデーションのカラフルな紅葉が多いです。

 

 

東福寺の紅葉のおすすめ度は?

紅葉に囲まれる、包まれる・・そんな言葉が似合う東福寺の紅葉。京都を代表する紅葉の名所は、一度は撮影したいスポット。特にダイナミックに広がる洗玉澗(せんぎょくかん)の紅葉は他では撮れない写真になるでしょう。

 

東福寺 紅葉 詳細

住所 京都市東山区本町15丁目(地図
電話 075-561-0087
最寄り駅 JR奈良線・京阪電車「東福寺」駅から徒歩10分
詳細は本文にて
時間 8:30~16:30(受付終了16:00)
休み なし
料金 通天橋400円・東福寺本坊庭園400円・
駐車場 紅葉の季節は駐車場閉鎖
公式HP 臨済宗大本山・東福寺
京都紅葉の撮影スポット
紅葉の撮影スポット

京都で紅葉が撮れる撮影スポット(楊谷寺・圓光寺・瑠璃光院・祇王寺・東福寺・天授庵・常寂光寺・永観堂・神護寺・善峯寺・光明寺・蓮華寺・北野天満宮・)を紹介します。   画像クリックすると目的の ...

続きを見る

スポンサードリンク









更新日:

Copyright© かわいい京都 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.